News !!

2021/10/31 09:00

★竣工情報_大宮浅間町ビル

DSC_5493.jpg  DSC_5524.jpg  

 

大宮氷川神社の参道は約2㎞あり、日本一長い参道と言われる。けやきを中心とした樹木が約700本、壮大な並木空間を構成し、大宮駅至近とは思えない静けさと清々しさに包まれた緑豊かな参道沿いにその建築はある。

 

 オーナーは、この地で長年にわたり釜めし店を営んでおり、調理法の特許をとるなど全国からファンが訪れるほどの人気店であった。今回、2階建ての釜めし店を建替え、1階にオーナーの飲食店、2・3階にテナントが入る新たな商業ビルとして生まれ変わった。

 

 さわさわと音をたてるけやきを見上げると、高く高く空にのびる枝葉の隙間からまぶしい陽光がきらめき揺れる。その敷地のポテンシャルを最大限に引き出すため、設計にあたり二つのファーストイメージを持った。一つは、けやきが織りなす四季折々の景観を効果的に内部空間に取り込み、相互関係をデザインするという事。もう一つは、参道という神聖な領域に対し、建築は一歩下がって控えめに、そして風格を持った存在であるべきという事であった。 

 

 本敷地は、風致地区規制により建ぺい率40%と定められている。その条件を前向きに利用し、参道の緑に連続するような通り庭を設け1階飲食店から臨む借景とした。また、この建物の外観を特徴づけている2~R階のコンクリート庇は、交差点に近い建築コーナー部を意識したL型サッシと呼応し、商業ビルとしての視認性を高めると共に、けやき並木に手を差し伸べるテラスとしても機能している。これらの操作によって、ファーストイメージの一つ目の達成を目指した。

 

DSC_5847.jpg DSC_5862.jpg

 

 二つ目の、建築の風格・設えについては、建物のを参道に向けるか否か、氷川神社との協議を重ねることとなった。当初、店舗のは、客のアクセスやアプローチを考慮し、ごく自然に参道側に設定をしていたが、この事は、道路ではなく氷川参道という隣地経由で主出入口を設けることになるという課題にぶつかった。敷地西側に参道、東側には幅員約5mの道路がある。道路から敷地内通路を経由し、建物西側に主出入口を設けることについて、行政の理解は得たものの、氷川神社は難色を示された。

 

 改めて参道沿いの建物を見てみると、神社に背を向けている建物が多く、主出入口を設けている例はほとんどない。神社側との議論において、参道は心を鎮め、徐々に神社へ向かっていく神聖な道であるから、建物のを向けることは望ましくないという考えである一方、参道の集客や賑わいづくりという課題も抱えているようであった。設計の考え方を繰り返し説明し、またオーナーも粘り強く想いを伝えたことが功を奏し、最終的にこのデザインであればきっと、未来の氷川神社参道沿いの良い建築モデルになるであろうという理解を得て、現在のかたちに至った。

 

 さらに外装材の選定においては、並木の木漏れ日の陰影と普遍性を表現するため、クラシックなスクラッチタイル4色を11.53.54の割合でランダムにミックスした。コンクリート庇の荒々しさもそのままに、アプローチ部の石積みには天然石ならではの不規則な表情を残すようにしている。1階の製作スチールサッシ、ムラのある赤錆風塗装鉄板や、オーナー自らが作庭したこぢんまりとした庭が、新築でありながら、ずっと前からこの地にあったような風情と風合い、そしてと成熟した風格を醸し出している。

 

DSC_5368_01.jpg DSC_5884.jpg DSC_5896.jpg