News !!

2022/06/22 00:00

☆受賞情報(日本空間デザイン賞 2022 Longlist(入選)) -HIKAWA no MORI-

大宮氷川神社のプロジェクト、"HIKAWA no MORI"が、日本空間デザイン賞 2022 の一次審査を通過し、Longlist(入選)に選ばれました!

【速報】日本空間デザイン賞 2022 Longlist(入選)が決定しました! | 日本空間デザイン賞 (kukan.design)

 

DSC_5896+.jpg

2022/04/24 00:00

★竣工情報_The Hive

01.jpg

設計監修にて携わらせていただいた、富山の一棟貸サウナホテル"The Hive"が竣工いたしました!

ハチの巣から着想を得た、六角形断面のコンクリートチューブを地中に沈め、

その洞窟のような空間で自然に還り、また新しい景色に出会えるような体験の創出を目指しました。

 

現在プレオープン中、6月からグランドオープンの予定です。

The Hive┃特別なサウナ体験のためだけにつくられた土の中の貸切サウナホテル (the-hive.jp)

The Hive - Healthian-wood - ホーム | Facebook 

HP用.jpg

 

本施設は、ハーブを通じた美と健康をテーマとしたヴィレッジ"Healthian wood"内にあり、   

The Hiveの他、ハーブをテーマとしたスパ施設、ハーブ工房、レストラン棟で富山ならではの体験をすることができます。

※弊社はThe Hiveに一部事業投資を行っております

 

2021/12/20 00:25

★竣工情報_埼玉トヨタ熊谷南店

 

06_外観南面夜景_0289.jpg

 

今年1月に着工した埼玉トヨタ熊谷南店が竣工いたしました!

ショールーム、自動車修理工場、板金工場から成る埼玉エリア最大級の約4,200㎡の施設です。

コンセプトは"CAR PARK"-地域にひらかれた公園のように、気軽に立ち寄りたくなるような新しいショールームを目指しました。

 

国道17号への広い間口を活かしたダイナミックなホワイトフレームと、

"日本一暑い"熊谷の風土に応えたブリーズソレイユ木目調ルーバーが外観を特徴づけます。

※㈱アルク設計事務所と協働

08_展示場夜景_0261.jpg 13_ショールーム_0213.jpg

24_ショールーム出入口_0107.jpg 28_カーパーク_0110.jpg 

 

2021/12/03 10:45

☆出展情報 12/6-8 施設リノベーションEXPO“建築家の相談コーナー”

12/6-8 施設リノベーションEXPO“建築家の相談コーナー”に出展いたします!

お時間のある方はぜひお立ち寄りください。

 

 ・展示会名   :施設リノベーションEXPO

          ジャパンビルド-建築の先端技術展- (japan-build.jp)

 ・会 期     :2021年12月6日(月)~12月8日(水)

 ・会 場     :東京ビッグサイト

 ・アクセス    :国際展示場駅よりすぐ

 ・会場案内図  :小間番号 K-6

           https://www.japan-build.jp/doc_map_tokyo/

2021/10/31 09:00

★竣工情報_大宮浅間町ビル

DSC_5493.jpg DSC_5524.jpg  

 

風情、風合い、風格

大宮氷川神社の参道は約2㎞あり、日本一長い参道と言われる。けやきを中心とした樹木が約700本、壮大な並木空間を構成し、大宮駅至近とは思えない静けさと清々しさに包まれた緑豊かな参道沿いにその建築はある。

オーナーは、この地で長年にわたり釜めし店を営んでおり、全国からファンが訪れるほどの人気店であった。今回、2階建ての釜めし店を建替え、1階にオーナーの飲食店、2・3階にテナントが入る新たな商業ビルとして生まれ変わった。

設計にあたり、この稀有な敷地のポテンシャルを最大限に引き出すため、三つのイメージ―風格・風情・風合いの実現を目指した。 

 

DSC_5847.jpg DSC_5862.jpg

風格-

参道は特別な空間だ。目には見えない大きな力によって守られているその神聖な領域に対し、建築は一歩下がって控えめに、そして風格を持った存在であるべきだと考えた。十分な引きを持たせて連続する植栽を配したアプローチは、店舗への期待感と、参道への敬意の表現とを両立している。

この形態に至るまでに、建物の”顔”を参道に向けて良いか否か、氷川神社との協議を重ねた背景がある。最終的に、参道に対し開きすぎず閉じすぎない佇まいが評価され、参道沿いの店舗の良きモデルとして許可を得た。結果、この建物の外観を特徴づけている2~R階のコンクリート庇は、参道交差点に近い建築コーナー部を意識したL型サッシと呼応し、商業ビルとしての視認性を高めると共に、けやき並木に手を差し伸べるテラスとしても機能している。

 

風情

この建築には、自然の経年変化や個性が際立つ”面白いモノ“と、整った形態で精度を極めた”端正なモノ”が対比的に配されている。

例えば1階のオーナー店舗には、木目下がり天井の直線ラインと、岐阜の職人による整形なセラミックタイルのカウンターが空間に緊張感を与える一方で、近傍の製材屋で見つけたややクセのあるモンキーポット板を活かした造作テーブルが並ぶ。入口付近の目隠しは、自然な曲がりを持った木の姿をそのまま象った突板柱であり、節に紅色を入れたのはオーナーのアイディアだ。

オーナーが客と対話するその背面の小さな庭には、寄り繰りの植栽だけでなく、オーナーがいつかどこかで出会った瓦や灯籠、石が息づいている。

 

風合い

外装材の選定においては、並木の木漏れ日の陰影と普遍性を表現するため、クラシックなスクラッチタイル4色を11.53.54の割合でランダムにミックスした。

 コンクリート庇の荒々しさもそのままに、低層部の石積みには自然の風合いを残すようにしている。1階の製作スチールサッシ、ムラのある赤錆風塗装鉄板が、新築でありながら、ずっと前からこの地にあったような風合いを醸し出している。

 

DSC_5368_01.jpg DSC_5884.jpg DSC_5896.jpg